若年性アルツハイマー チェック

スポンサードリンク

若年性アルツハイマーのチェック。認知症とは

若年性アルツハイマーという病名、よく耳にするようになりましたね。映画「私の頭の中の消しゴム」や「明日の記憶」等をチェックされた方も多いのではないでしょうか。実は「若年性アルツハイマー」というのは俗称で正式には「アルツハイマー型認知症」といいます。このアルツハイマー型認知症は65歳以上で「アルツハイマー型老年認知症」、65歳未満で「アルツハイマー病」と年齢によって呼び方が異なるのです。私たちが若年性アルツハイマーと呼んでいるものは後者になります。

認知症には大まかに分けて2種類あり、先に述べた脳の萎縮から症状が悪化していく「アルツハイマー型認知症」と脳の動脈硬化により脳細胞に血液がうまくいきわたらずに部分的に機能が失われる「脳血管性認知症認知症」があります。さらに年齢で分類したときの1つが若年性アルツハイマーということになるのです。

若年性アルツハイマーの症状を日頃からチェックして

若年性アルツハイマーの症状は様々ありますが、しっかりチェックしていないとおかしいと思った時には段階的に進んでいく病気の為、ある日突然でも確実にゆっくりと進行していくのです。初期段階ではうつ病に似たような症状が現れる為現在、若年性アルツハイマーを発症することが多くなっている忙しい働き盛りの40代,50代の方は「急いで病院に行かなくても…」と診断するのが遅れて症状が悪化した時には治療方法が限られてきてしまい、進行が進み介護生活を余儀なくされる事も多くなってきています。

最近では20代、30代で発症しているケースもみられるので若いからといって油断はできないです。日頃から少しでも心配な変化があったら若年性アルツハイマーをチェックするサイトもたくさんあるので早期発見のため活用してみた方がいいと思います。

若年性アルツハイマーのチェック、診断はお早めに!

若年性アルツハイマーをチェックするサイトはたくさんあります。知識をつけるのはいいことだと思いますが、やはり老年の方と違い活動期の若い年代の方の病気ですから若年性アルツハイマーは進行が早いです。そしてアルツハイマー型老年認知症と大きく違うところは老年性のものの症状は記憶をつかさどる「海馬」が萎縮する、若年性アルツハイマーは大脳全体が萎縮する為見当識の症状があらわれる。そして進行が早いので早期発見、早期治療が望ましいです。うつ病のような怠惰感がある、睡眠障害、摂食障害等の症状があらあわれたら認知症を疑ってみてもいいと思います。仮に若年性アルツハイマーのチェックに当てはまってもただの疲れからくるストレスである可能性もありますから安心する意味でも医師の診断はお早めに!

スポンサードリンク