冬服コーデ

スポンサードリンク

冬服をうまくコーディネート

冬服をうまくコーディネートするのは難しいです。寒い冬ですから、どうしても暗い目のデザインの洋服を購入してしまいます。

毎年同じような色目の洋服を購入してしまうと、トレンドファッションについていく事ができません。

冬服コーデで変わる印象

冬服といえばダウンジャケットやトレンチコートなどが主流ですが、皆と同じ格好をしていても面白くありません。

2008年は密かにスタジアムジャンパーなどが流行しています。その理由には2008年流行のボアつきペッタンコブーツが関係しているのではないでしょうか。

ラフコーデが流行ですが、コーデ一つでお姉さんファッションに早代わりさすのもコーデ術です。トレンチコートのボトムスにスキニーデニム、ウエスタンブーツを合わせるだけでも違いがでますし、

中のワンピースをシックな柄にすれば、完璧です。冬服コーデもじゅうぶん着まわしがききます。いかに自分らしいファッションを見つけるか、そこにトレンドを取り入れられるかがファッションの鍵です。

冬服ファッションの一部である鞄やブーツをトレンドのものにするだけで、昨年購入したコートなどをタンスのこやしにしなくても済むのです。

コーディネート一つで顔の印象や雰囲気がずいぶん変わりますので、ファッションは自分らしさを取り入れる事が大切だという事を頭に入れておいてください。

冬服コーデは雑誌が基本

男性に比べ、女性の冬服コーデは大変難しいものといわれてきました。男性の場合はダウンジャケットにジーパン、気分によってマフラーや帽子を買えれば立派な冬服コーデができます。

しかし女性はそういうわけにはいきません。女性の場合ですと、コートを脱いだ時のトップスやボトムス、あるいはブーツや最近流行のカラータイツまで、冬服に至っては沢山のコーディネートが必要になってきます。2007年のトレンドブーツと2008年のトレンドブーツではかなりの違いがでています。

2008年はボアつきのラフなペッタンコブーツがトレンドですが、2007年はブーティといわれる80年代を思わす上品なブーツが流行しました。

冬服をコーデするには相当の感性と勉強が必要です。そのなかでも雑誌は多いに活用して下さい。冬服コーデで一番大切なのはカラーコーディネートです。

スポンサードリンク