冬太り対策 食生活

スポンサードリンク

冬太りする食生活の理由と対策

冬太り対策と食生活、皆さんは正月が終わったら体重が2キロほど増えていたということはないだろうか?いわゆる冬太りだが、なぜ冬になると太ってしまうのか。その理由は、カロリーの消費に関係している。食生活の中で必要以上のカロリーを取ってしまっているから、体内に体脂肪として残ってしまうのだ。さらに冬は痩せるのが難しいため冬太りしてしまうと、元の体重に戻すのはとても大変なのである。正月はおいしいものばかりなのでついつい食べてしまいがちだが、食生活に気をつけて太らないように気をつけて欲しい。

カロリーを減らした食生活で冬太り対策を

冬太り対策の食生活の中で気を付けるべきなものは、クリスマスケーキだ。クリスマスにケーキを食べすぎてしまうと、カロリーを多めに蓄積したまま正月に入ってしまう。それでは正月も食べ過ぎて冬太りしてしまう。摂取カロリーを少なめにするためには間食を上手に取るのが大切である。3食をしっかり食べるという食生活より、低カロリーな間食を取った方が食事の量が減り冬太りしにくくなる。間食を取り入れた食生活をマスターすれば最高の冬太り対策になる。

冬太り対策の基礎代謝と食生活

冬太り対策の食生活意外に大切なことは基礎代謝をあげてやること。冬の基礎代謝をあげるためには就寝前に入浴し、シャワーだけでなく湯船に浸かって体を温めるということが大切である。もう1つ大切なことは、足が冷えないように気を付けるということだ。血行が良くなれば基礎代謝も上昇するからだ。冬太りしないような食生活と合わせて心掛ければ正月が終わっても体重が増えるということはない。太ってしまうと大変な思いをしてしまうので、多少我慢してでも冬太りには気を付けるべきだ。ダイエットするより、太らないように日頃から気をつけた食生活をすることが最も大切な意識的な対策である。

スポンサードリンク