さふさまつげ

スポンサードリンク

ふさふさまつげを取り戻す

女性にとって目元顔の印象そのものです。今はふさふさまつげを実現できるマスカラやエクステなどがありますが、

古く昔は“つけまつげ”でふさふさまつげを実現してきました。

マスカラで“ふさふさまつげ”

まつげを簡単に“ふさふさ”にするのにはマスカラが一番ポピュラーです。

マスカラといっても、ただつけるだけと違い、マスカラの下地から、マスカラ、マスカラ後のトリートメントまでもを施さないといけません。

まつげは年齢と共に減っていくものです。特に若い頃からお化粧をしていて、日中お化粧をしないといけない職業についていらっしゃる女性は注意です。

マスカラを専用のクレンジングで洗い落とさないと、マスカラがまつげに残った状態になり、翌朝のメイクの際には、汚れたまつげの上に塗りこんでいる事になり、

結局はまつげを痛めているのと同じ事に。そのような事が続くとまつげの抜け毛の原因になるのです。

目元の肌は大変デリケートですので、ふさふさまつげを実現するには、まず毎日のお手入に手を抜かないようにして下さい。

エクステで“ふさふさまつげ”

今ではお馴染みのエクステ法ですが、エクステは髪の毛だけに適応されるものではありません。

専用のグルーで、1本1本足して行くのですが、一般の方が使いこなすのは難しいです。

エステサロンなど用に販売されていますが、サロンで働いていらっしゃる方などはご自分で試されたりする様子です。

1本1本まつげをつけていくわけですから当然まつげは理想の“ふさふさ”に。

エクステの良い所は、自分の気に入った“ふさふさ”感にできるのがポイントです。

髪の毛と違い、まつげは生え変わったり、増えたりする事はありませんので、こういった人工的なまつげ増毛は大変有効的かと思います。

スポンサードリンク