千吉良恵子 クリームシャドウ

スポンサードリンク

千吉良恵子の「可能力メイク」で話題のクリームシャドウ

千吉良恵子さんの著書「可能力メイク」がアラサー世代の間で話題です。千吉良恵子さんは、あの人気メイクアップアーティスト藤原美智子さん率いるラドンナに所属していて、人気メイク雑誌「ar」や「美的」でのメイクを手掛けたり、自身がテレビ出演で「10歳若返りメイク」を情報番組「スマステーション」でメイク術を披露したりと各メディアで活躍中のヘアメイクアップアーティストです。なかでもクリームアイシャドウを使ったでか目メイクが人気を呼んでいます。自身の著書「可能力メイク」では、表紙には人気タレントの井川遥さんを起用して表紙のメイクの方法も紹介しています。千吉良恵子さんはアイメイクには基本的にクリームシャドウとジェルライナーを使い、発色をキレイに出す事で目元を強調したメイクが定番です。クリームシャドウはパウダーのものに比べて発色がよく目元に立体感が生まれる、汗や水に強いということで化粧崩れしにくい点が長時間化粧直しができないという方にはオススメです。千吉良恵子さんの本、「可能力メイク」のターゲットのアラサー世代はアイメイクの基本はもう知っている年齢なので、アイメイク初心者には難しい千吉良恵子さんオススメのクリームシャドウも使い方さえわかれば自然なでか目に仕上がることでしょう。

最初は使い慣れないとぼかし方が上手くいかなかったり、やべっとりついてしまうこともあるかと思いますが、使い方はいたって簡単なんです。指でトントンたたくようにまぶたにのせていき、その加減で1色で目の際の濃い色からぼかした部分まで完成してしまうし、パウダーのような粉っぽさがないので自然に立体感が出るんです。詳くは千吉良恵子さん著の「可能力メイク」をご覧になるとわかりやすいと思います。(結局丸投げですみません(>_<))「ちょっと立ち読み」がいつの間にかレジへ持っていってしまった…なんてことになってしまうと思われます(笑)モデルさんは全部、井川遥さんであなたも千吉良恵子さんのクリームシャドウを使ったアイメイクの虜になってしまうかもしれませんね!!

千吉良恵子のオススメクリームシャドウで井川遥に?!

千吉良恵子さんがテレビ「スマステーション」で使っていたクリームシャドウはコーセーのコスメデコルテのマジーデコのラベンダー色です。従来のものよりラメ感が細かく、大人の女性には「品格」「上品」を兼ね備えるクリームアイシャドウといえるでしょう。スマステの中でも上品にメイクが仕上がっていましたよね。千吉良恵子さんがオススメするクリームシャドウは数々ありますよね。ネットで「千良恵子 クリームシャドウ」と検索すると無数の数がヒットしてしまい本当にいいものがどれかわからないのが現状です(^_^.)そこで、ネット、スマステ以外で情報を仕入れるには雑誌でもいいかとは思うのですが、数々手掛けている千吉良さんですから探すのも難しいです。で、いきつくところはやっぱり「可能力メイク」の本でした。ここで紹介されているのは「ボビーブラウン」【ロングウエアクリームアイシャドウ】のクリームシャドウです。色味もかなり豊富にありますが、千吉良恵子さんオススメはやはりラベンダーやブルー系の寒色系が多いです。なぜかと言うと千吉良さんいわく目元のくすみを目立たなく、キレイに見せてくれるからです。

アラサー世代といえば仕事にプライベートにと忙しく、年齢的にも特にくすみが目立ち始める頃でついついくすみを隠そうとブラウン系等の濃い色に頼りがちです。しかし、それは逆効果なんだとか。くすんだ目元のアイメイクを隠すには寒色系が有効です。目元が華やかにキレイな発色の出る千吉良恵子さんのクリームシャドウでワンランク上の大人メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク