サラリーマン 朝ご飯

スポンサードリンク

サラリーマンが朝ご飯を食べないとどうなるのか

今、朝ご飯を食べない日本人が増えている。学生やサラリーマンに多く、年齢が増えるごとに増加していて、20歳代は特に多いという。

では、サラリーマンが朝ご飯を食べないとどうなるのか?朝ご飯を食べないと、いらいらする。頭も働かず仕事にならなくなるし、将来健康にも悪影響だということは明らかだ。会社に行ったはいいが、ほとんど仕事にならずに昼休みを迎えている、なんて人も多いのではないだろうか。

サラリーマンの朝ご飯の重要性

朝ご飯は体のリズムをつくるのに欠かせないものだ。毎朝食べることで脳内時計をリセットすることができる。人の体は眠っている間、普段活動しているときよりも体温が1度ほど低い。朝ご飯を食べると、下がっている体温が上がり、脳と体を目覚めさせることが出来るのだ。また、朝ご飯を食べて胃が動くと腸も活動し始める。つまり、お通じも良くなる。便秘でお困りの方、朝食を抜いてはいないだろうか。この体のリズムが崩れると、体調もどんどん崩れていってしまう。朝ご飯をしっかりとってサラリーマンとしての基本である体調管理をしっかりすることが重要になってきます。

サラリーマンが朝ご飯に必要な栄養とは

サラリーマンが朝ご飯に必要な栄養とは?まず、体を温めるのに必要なのはたんぱく質、脳を元気に働かせるためには糖質が必要である。そして、これらはミネラルやビタミンを摂取することで効果的に力を発揮する。つまり、バランスのとれた朝ご飯を食べることが大切なのだ。最近朝ご飯なんて食べてない、というサラリーマンの方は、明日の朝はいつもより30分早起きして、朝ご飯をとってみてはいかがだろうか。朝ご飯が大切だということを話してきたが、朝ご飯だけ食べればいいというわけではない。サラリーマンにとって1日に必要な栄養素をしっかりとり、健康的に生活するには、1日3食バランスのとれた食事が必要だということを忘れてはいけない。

スポンサードリンク